NANJA MAN

大阪府出身。大阪で生まれ育ち18歳の時に横浜に移る。現在は湘南、辻堂在住。現在の日本のレゲエシーンを創成期から支え全国のサウンドマン、アーティストから今でも絶大な支持を受けそのリリック、ライブのインパクトからジャンルを越えてヒップホップ界からもリスペクトされている。

’88年に始めてジャマイカに行き、本場のDeeJay Styleに影響を受け歌いはじめる。以来20数年間、常にシーンの最前線に立ち、独自の活動で“リアルな声”に飢えた不良や女の子達にBased on a true storyの名曲の数々を聴かせてきた。NANJAMANの魅力は何と言ってもリリックの世界観。男気溢れる強い部分と器の大きさを感じさせる包容力、「クヨクヨしてもしょうがないやん。元気だして行こうや。」というどこか暖かい人間性に皆、共感出来るのだろう。だからこそ、NANJAMANの音楽は老若男女問わず自然と言葉が入ってくる。これは彼が語る人生観や、嘘の無い生き様が感動を与えるからだろう。

初リリース曲は7インチ「Gangsta 893」。その後 Jap Jam, Thunder Gate, VIP, 空手などの各レーベルから7インチシングルを発表。そして自身のレーベル「爆音Syndicate」を設立し、7インチ「行きたきゃ 行け」、ミックス・テープ「BUMPER HIT」、12インチ「LIGHT FOOT」をリリース。2000年にはマキシCDシングル「Riddim Rider」「行きたきゃ行け」に続き、2002年7月にファーストアルバム「STRAIGHT UP」をリリース。インディーズながら7万枚のセールスを記録する。
2003年にはマンモスシングル「WORLD LEADER」 2004年にはセカンドアルバム「ELIMINATOR」 2005年にはCDシングル「MI NO LIKE THEN」2006年にはサードアルバム「RUFF NECK VEHICLE」 2008年にはCDシングル 「HOME TOWN」 そして爆音シンジケート初になるコンピレーションアルバム「FULL VIBES」をプロデュース&リリース。 2009年には4枚目のアルバムとなる「FRONT LINE」を出し、精力的に全国各地をライブしながら、コンスタントに作品をリリース。そして2010年7月に待望のベストアルバム「THE BEST」をリリース。

2012年「爆音進攻大作戦」という名で自身他、日本全国のアーティストの曲を配信で発表。2013の夏から「爆音進攻大作戦2013」と題して再び配信を開始。ここ数年は所属アーティスト羅王、柳、文太のアルバムをプロデュース。そして2017年7月5日には待望の5枚目のフルアルバム「IMPULSE」をリリース!

懐かしい曲から新しいチューンまで今年も目が離せないナンジャマン。この男抜きではジャパニーズレゲエは語れない。

©  8月11日 HIGHEST MOUNTAIN 2018 大阪 All Rights Reserved.
PAGE TOP