PAPA B

日本人レゲエDJの草分けであり、現在はMIGHTY CROWNのレーベルに所属するトップ・エンターテイナー。
80年代後半からレゲエDJとして地元札幌を中心に活動。93年に渡米、ニューヨーク/ジャマイカで長期滞在。この間にJap jam , Thuder gate など当時台頭したジャパニーズレゲエレーベルからアナログ盤をリリースし、その存在が話題を呼ぶ。98年Rockers Island より12インチシングル”傷心症”、そしてPushimやRyo The Skywalkerなども参加したアルバム” Sword Man”(CDはBandaiより発売)を完成させ帰国。2001年ユニバーサルからマキシシングル” Who am I “リリースを機にPAPA Bと名を改める。2003年11月よりNY時代からの仲間であるMIGHTY CROWNに参加。
翌04年にはEMIミュージックジャパンからフルアルバム”Neo Entertainer”をリリース。2006年にはCRAZY KEN BANDの横山 剣コンビネーションで「Life is Beautiful」をリリース。爽快なSkaのリズムに乗せた大人の人生応援歌が話題を呼んだ。以後同社からフルアルバム3枚、ミニアルバム2枚のリリースに加え、2010年には所属レーベルであるLife Styleよりフルアルバム”Elements of life “を発表、同年このアルバムの1曲目にも挿入された地元札幌のレーベル” Explosion Record”がプロデュースしたV.A ”Brand new way”を全国発売して札幌在住のアーティスト達と共に注目された。
その後もジャンルを問わず数々のアーティストとの共演やオムニバスCDに参加し続け、2013年には地元札幌でロックバンド”Mortar Sect “(モルタルセクト)を結成、レゲエアーティストと並行しながらもライブ活動、レコーディングに力を注いでいる。また海外のアーティストとも親交が深く、インターネットを使いながらの製作活動も意欲的に継続している。キャリアを積んだ今でも先がわからない彼の音楽人生は常に新鮮で興味深いが、小さなクラブのDJブースの中でも、ライブハウスでも、3万人のステージでも、臨機応変、変幻自在のパフォーマンスで一瞬で魅了できる彼のスキルはやはり経験を積んだヴェテランだと実感させられる。圧倒的なオリジナリティ…….PAPA Bは、自分のスタイルを貫きつつ音楽の楽しさや自由さを届ける稀代のアーティストである。そしてそれがファンは無論、音楽関係者からもリスペクトを集め続ける所以なのだ。

©  8月11日 HIGHEST MOUNTAIN 2018 大阪 All Rights Reserved.
PAGE TOP