SHINGO ★ 西成

“昭和の香り”色濃く残る大阪のイルなゲットー=ドヤ街「西成」・釜ヶ崎は三角公園近くの長屋で生まれ育つ。「今に見とけよ!」精神と冷静な視点、自らの体験を元に「間」を活かした独自のソウルフルな「べしゃり芸」で表現する超オリジナルな世界観は、層が厚くキャラの濃い関西シーンの中でも突出している。KREVA, サイプレス上野&ロベルト吉野, NG HEAD, Home Grown, INFINITY16, 香西かおり, 大西ユカリ, 赤井英和などの競演陣が示すとおり、そのクロスオーバーな資質、ユニークであったかい人間性ゆえに“ジャンルを超えた存在”(にしてRep西成、Hip Hop)として注目され続け、今や名実共に完全なる“大阪名物”となった。
 
 身の回り=自分の生活圏での出来事や感じた事を自分流に聴かせる術に磨きをかけてまとめあげた4枚目のアルバム「おかげさまです。」を2013年12月4日に発売。2014年8月6日には初のオフィシャルMIX CD「ラガッ&ラパッ〜客演曲ほとんどREMIXちょい」を発売、そして同年11月28日には吉本新喜劇とコラボしたワンマンライブをなんばグランド花月で敢行、その模様を収録したライブDVD「ほとんどみなさまのおかげさまです。」を2015年4月29日にリリース、と、自身の表現を続けている。

 また、長年続けている釜が崎三角公園での炊き出しボランティアをはじめ、堀江のゴミ拾いプロジェクト、西成ウォールアート回廊計画=西成WANなどにも参加し、社会にも積極的に働きかけている。

 2017年5月24日には久々となる5枚目のオリジナルアルバム「ここから・・・いまから」を、11月15日には5曲入りミニアルバム「わになるなにわ」リリース。それらをひっさげて、自身3年ぶりとなるワンマンライブ「ここから・・・いまから」を2018年1月21日堂島リバーフォーラムにて開催した。

八面六臂で動き続けるSHINGOに「油断すな!」

©  8月11日 HIGHEST MOUNTAIN 2018 大阪 All Rights Reserved.
PAGE TOP